一番歯が汚れやすいところはどこ?

2017.12.20

 

A.奥歯の噛み合わせや、歯と歯の間は汚れが残りやすい場所です。

 
 奥歯を鏡で見ると、たくさんの溝があります。この溝に食べ物やなどが挟まりやすくなります。とくに、クッキーやチョコレート、キャラメルなどの歯にくっつきやすいものは、この溝の中にも入り込んでしまいます。ここをきちんと歯ブラシで磨けていないと、徐々に虫歯になっていきます。
 また、歯と歯の間も汚れが残りやすく、そして磨きづらい部位です。歯と歯の間は一見、隙間がないように見えるかもしれません。しかし、そこは細菌の温床です。歯磨きでは歯と歯の間は磨けません。そのためそこにどんどんと細菌が繁殖し、虫歯になってしまったり、歯周病が進行してしまう原因になりかねません。
 
 虫歯や歯周病を予防するために、以下のことを実践しましょう。
 
1 子供の場合は、シーラントをして奥歯の溝を埋める
シーラントは奥歯の溝をプラスチックで埋める治療のことです。これによって虫歯を予防します。
2 フッ化物の使用
フッ素入りの歯磨き剤を使用したり、歯科医院で定期的にフッ化物塗布して、虫歯を予防しましょう。
3 歯間ブラシや、デンタルフロスを使用する
4 歯科医院でのクリーニング
3ヶ月に1度はクリーニングしてもらい、虫歯、歯周病を予防しましょう。