むし歯の乳歯は後続永久歯に影響あるの?

2018.03.07

 

A.きちんと治療してあれば直接的な影響はありませんが、十分なケアが必要になります。

 
乳歯が虫歯だったからと言って、必ず後続永久歯が虫歯になるわけではありません。乳歯の虫歯をきちんと治療し、虫歯を作らないような習慣を整えていれば、まず永久歯に影響を及ぼすことはありません。
 
問題は、乳歯の虫歯を放置した場合です。永久歯に生え変わるからと乳歯の虫歯の治療をしないと根の先まで虫歯の炎症が起きます。乳歯の根の先には永久歯が埋まっているので、乳歯の虫歯が進行すると永久歯にまで感染する恐れがあります。
 
虫歯菌に感染した永久歯は、当然虫歯になるリスクが高くなります。
 
また、乳歯が虫歯になった時と同様に口腔環境が改善できていない場合は、永久歯が虫歯になる確率も高くなります。食習慣・歯磨き習慣・生活習慣によって口腔環境は大きく影響を受けます。早い段階で改善しておくことが望ましいです。
 
乳歯は性質上虫歯になりやすいのですが、生えたての永久歯も同様に虫歯になりやすいです。永久歯が生えてきたら特に念入りなブラッシングを心がけてください。
 
治療が終わっている歯でもまた虫歯になることがあるので定期的な検診を受けることをおすすめします。