子供の歯が丈夫になる食べ物はありますか?

2018.02.21

  

A.カルシウム、タンパク質、ビタミンA、C、D、リンの含まれた食品を摂るように心がけましょう。

 
歯が丈夫になるために必要なものと言われて、まず思い浮かぶのがカルシウムだと思います。大人に
なってからはあまり効果はありませんが、永久歯が生え揃うころまでにカルシウムを摂取すると、歯を
丈夫にすることができます。牛乳やチーズなどの乳製品、にぼしなどの小魚、ひじきや昆布などの海藻
類にはカルシウムが豊富に含まれているため、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。
他にも、以下の栄養素の含まれている食品を取り入れることも大切です。

1 タンパク質
タンパク質は、歯の基礎を作ります。豆腐やたまごを取り入れましょう。

2 ビタミンA
ビタミンAは、エナメル質を作ります。豚肉や、ニンジンなどに含まれます。

3 ビタミンC
ビタミンCは、象牙質を作り出します。レモンなどの柑橘系、ピーマンなどに含まれます。

4 ビタミンD
ビタミンDは、カルシウムの代謝を促し、歯や骨に吸収されるのを助けます。バターなどに含まれます。

5 リン
リンは、歯を強くする働きがあります。お米や、牛肉などに含まれます。

重要なのは“バランスのとれた食事”です。また、噛む時は1口30回を目安に、よく噛むように教えてあ
げましょう。