永久歯が生えてくる時期が過ぎてもなかなか出てきませんが大丈夫ですか?

2018.04.18

 

A.歯科医院にてレントゲンを撮ってもらい永久歯の状況を確認してもらいましょう

 
永久歯の生えてくる時期は個人差がかなりあります。同じ年の子でも背の高さや体重の差があるように、永久歯の生え方も成長の速度により違いがあります。しかし、遅いから早いからと言って問題になることは全くありません。
 
通常永久歯は、乳歯の下の骨の中に埋まっていてはえかわる準備をしています。顎や骨の成長に伴い永久歯が乳歯の根を吸収すると乳歯がぐらぐらしていきます。乳歯が抜けてスペースができたら永久歯が顔を出すといプロセスです。レントゲンで乳歯の下に永久歯があることが確認できます。
 
しかし、もともと永久歯がないという「永久歯先天性欠如」ということもあります。この場合は下に永久歯がないので時期がきても乳歯がなかなか抜けません。逆に永久歯がないため乳歯を長持ちさせなければいけません。
 
また、骨の中に何らかの障害物があり永久歯が出てこられないという場合もあります。例えば「過剰歯」いって通常よりも余分な歯があったり、歯ぐきが厚すぎて永久歯が出てこれなかったりすることがあります。この場合は、適切な処置をしなければ永久歯が自然にでてくることはありません。
 
永久歯の生え変わりには個人差がありますが、心配であれば一度レントゲンをとって確認してもらう事をおすすめします。今後の歯並びや噛み合わせにも影響を及ぼすかもしれません。仮に問題があった場合は早期に発見して適切な処置と経過観察をすることが重要だからです。