子供用歯ブラシの選び方は?

2018.08.29

 

A.子供の年齢に合ったものを選びましょう。迷ったらヘッドの小さめのものを。

 
子供の口腔内は成長と共に著しく変化します。生まれたての歯がない状態から乳歯が生え始め、その後徐々に乳歯が抜け永久歯が生えてくるという混合歯列期に入ります。そのため、その年齢や口腔内の環境に合わせた歯ブラシを選択する必要があります。歯ブラシメーカーでも年齢別に歯ブラシが出ているのでそちらを参考にしていただければいいと思います。歯ブラシの年齢表記などで迷ったらヘッドが小さ方を選んでください。小さいヘッドの方が子供の口の中にも入れやすく細かい部分の汚れも落としやすくなるからです。
 
ヘッドはコンパクトで柄の部分がストレートのものをおすすめします。柄の部分がギザギザしているヘッド(山切りカット)は、歯と歯の間を磨くにはいいのですが歯面の汚れをきれいに落とせないという難点があるからです。
 
歯ブラシの固さは、歯や歯ぐきを傷つけないようにやわらかめを選んで下さい。歯ブラシを持つハンドル部分も真っ直ぐのものが一番持ちやすく磨きやすいです。歯と歯が重なっている部分や歯と歯に隙間があいている部分など歯ブラシだけでは汚れが落とせないときは、子供用の歯間ブラシを一緒に使用することをお勧めします。