虫歯歯磨きで治りますか?

2019.03.06

 

A.虫歯は歯磨きでは治りません。しかし、初期虫歯の段階であれば改善する場合もあります。

 
初期虫歯は歯の表面組織であるエナメル質に含まれるミネラル成分が溶け出した状態を指し、これを脱灰と呼びます。虫歯菌が食品などに含まれる糖をエネルギーにして酸を生みだし、歯を溶かします。そのまま脱灰し続けると、一般的にイメージされている黒く穴が空いた虫歯となりますが、そのような状況になるまえに唾液に含まれているリンとカルシム成分を歯が吸収することによって、脱灰された状況が改善される場合があり、これを再石灰化と呼びます。
 
虫歯となった歯を歯磨きで磨いたとしても虫歯は改善されませんが、この初期虫歯の段階で歯磨きを的確におこなうことで、虫歯へと進行することなく改善される可能性があります。また、初期虫歯の再石灰化を促進させるためにはフッ素が効果的であり、フッ素配合の歯磨きはもちろんのこと、歯科医院でフッ素塗布の処置をおこなうことが効果的であります。しかし、初期虫歯は自覚症状がなく、歯の表面が白濁して見えるだけであり、自己判断することは難しく、初期虫歯の段階で再石灰化を促進させるためにも、定期的に歯科医院での検診を推奨いたします。