ダラダラ食べは虫歯になりやすい?おやつ後も歯磨きは必要?

2019.04.10

 

A.ダラダラ食べは虫歯になりやすく、おやつ後も歯磨きをしましょう。

 
歯は酸によって溶かされることで虫歯となります。私たち人類のお口の中は、常に中性に保たれていますが、食べ物を食べるとお口の中は酸性にかわり、虫歯になりやすい環境と変化します。時間を定めずにダラダラ食べをおこなう場合には、ダラダラ食べた分だけ虫歯になる環境下にさらされることになるために、虫歯になるリスクが高まります。そのためにも、おやつの時間を短時間に定めることがポイントとなります。
 
しかし、おやつ後の歯磨きは手間もかかり、面倒と考える人も中にはいらっしゃるかと思いますが、ダラダラと食べた分だけ虫歯になるリスクも高まるために、しっかりと歯磨きをおこなうことが重要です。また、歯磨きをおこなえない状況である場合は、おやつ後にうがいをおこなうことが効果的です。うがいができない年齢のお子さんの場合には、おやつを食べたあとに十分な水分を与え、お口の中に残った食べカスなどを体内へ流し込みましょう。
 
おやつと一緒に飲む飲み物の種類も重要となり、ジュースや清涼飲料水には大量の砂糖が含まれているために、虫歯リスクを軽減するためにも、お茶や水を積極的に飲みましょう。