虫歯菌が感染する経路は?

2018.06.06

 

A.風邪と同じように虫歯菌も人の唾液を通して感染します。キスや食べ物の口移しはもちろん、使用したコップやお箸などを共用しても菌が付着していれば感染してしまいます。特に「生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月」の赤ちゃんは注意してください。

 
日常には、虫歯菌だけでなくインフルエンザ菌などの数々の菌が口腔内に侵入してきます。お口の中の菌をすべて殺菌するのは不可能です。しかし生まれたての赤ちゃんには虫歯菌は存在しません。そんな赤ちゃんが虫歯菌に感染するのはお母さんやお父さんの唾液を通してなのです。また虫歯菌に感染しやすい時期は生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間。この時期に虫歯菌の部屋のようなものが決まるため、虫歯菌の感染がなければその後も虫歯菌の数が著しく増えることはありません。
 
生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間は虫歯菌が感染しないように特に気をつけましょう。お母さんやお父さん、お祖母ちゃんやお爺ちゃんが、噛み砕いて食べ物あげることが多い時期ではありますが、絶対に避けてください。同じ箸やスプーンの共用も避けた方がいいです。この時期のお子さんを育てているご家族は、歯科治療も済ませておきましょう。とっても重要な時期なので、感染しないように徹底して下さい。
 
この時期を過ぎれば、感染よりも口腔ケアを気をつけて下さい。食べ物の口移しなどにより虫歯菌に感染したとしても、口腔内のケアをしっかりすれば虫歯になることはないのです。