虫歯になりやすい人と、なりにくい人がいるのはなぜ?

2018.11.14

 

A.虫歯になりやすい人と、なりにくい人の違いは、体質と生活習慣が反映されています。

 
毎回食後に歯磨きを磨いていても、虫歯になってしまう人もいれば、一度も虫歯になったことがない人もいるのが現状であります。しっかりと歯磨きができているはずなのに、虫歯になりやすくなる場合は、もともと歯の質が弱かったり、お口の中の環境の問題だったりと、なんらかの原因があると考えられます。
 
虫歯となってしまう原因としては、唾液の分泌量の問題や、エナメル質の性質の弱さなど体質の問題から虫歯になりやすい人や、歯並びや咬み合わせが原因で歯垢が溜まりやすく虫歯になりやすい人、間食の回数が多くジュースやお菓子など糖分を高頻度で摂取するために虫歯になりやすい人、ただたんに歯磨きが適切にできていない人など、さまざまであります。
 
虫歯になりにくくするためには、定期的に歯科医院を受診し、虫歯などの有無をチェックし、早期発見、早期治療へとつなげましょう。また、歯科医院で定期的に正しい歯磨きの仕方の指導をうけ、食生活を見直すことが大切であり、場合によっては歯並びを整えるために矯正治療することも検討しましょう。