水やお湯がしみるのは虫歯ですか?

2019.01.16

 

A.水やお湯がしみる場合は虫歯の可能性が考えられますが、虫歯以外にもさまざまな原因が考えられます。

 
まず、しみる原因が虫歯の場合は、歯の神経となる歯髄が水に刺激され、歯がしみるようになります。水で歯がしみる場合は軽度の虫歯と考えられ、お湯で歯が染みる場合は虫歯がかなり進行している場合も多く、水やお湯で歯が染みる場合には、放置することなく歯科医院を受診することをおすすめいたします。
 
知覚過敏でも歯がしみる場合があります。知覚過敏は、虫歯がないにもかかわらず、歯がしみるように感じる症状のことをさします。本来であれば、人体の組織の中で一番硬いといわれているエナメル質が強い力によるブラッシング、歯ぎしり、食いしばりなどによってすり減り減ってしまい、エナメル質に覆われていた象牙質に刺激が伝わりやすくなり、水で歯が染みるようになります。すり減った部分にレジンを詰めることで、改善する場合もあります。
 
歯周病が原因で歯が染みる場合もあります。歯周病が進行すると歯肉が後退していき、本来歯肉で覆われていた歯の根っこの部分である歯根が露出し刺激が加わることになり、水などで歯が染みるようになります。歯周病が原因で歯が染みる場合は、歯石や歯垢(プラーク)の除去をおこない、正しいブラッシング指導などをおこない、後退し続ける歯肉の進行を食い止めるためにも歯周病改善に努めます。


 

虫歯について