虫歯は歯みがきをしていれば進行しませんか?

2019.02.27

 

A.1度虫歯となった虫歯はいくら歯磨きをしても、進行を止めることはできません。進行を止めることができるのは“初期虫歯”です。

 
初期虫歯の状態は、歯垢(プラーク)の中に潜んでいる虫歯菌が歯の表面組織であるエナメル質のミネラル成分が溶けている脱灰の状態をさします。この脱灰の状態が続くとやがて一般的にいう歯に穴があく虫歯の状態となってしまいます。しかし、初期虫歯の状態で歯磨きをしっかりとおこない、口腔ケアをおこなうとで、初期虫歯の状態から元の健康的な歯の状態に戻る場合があります。
 
唾液の成分であるカルシウムとリンが吸収され、初期虫歯の状態から元の健康的な歯の状態にもどる働きがありこれを再石灰化と呼びます。歯磨きをしっかりおこない口腔環境が整っている場合、進行することない虫歯とは、初期虫歯のことであります。
初期虫歯の場合は、歯を削るなどの治療は必要とせず、歯にフッ素塗布などをおこなった上で、経過観察となる場合が多くあります。その間に歯磨きをおこたるなどしてしまうと、再石灰化の力のバランスが崩れ、再石灰化されることなく、虫歯に進行してしまうため、日々の歯磨きや口腔ケアがとても重要となります。


 

虫歯について