虫歯を放っておいたら痛みが無くなりました。治ったの?

2018.05.23

 

A.一時的に痛みが治まっているだけで次はもっと大きな痛みがでるかもしれません。虫歯は自然に治ることはないので、早めに治療することをおすすめします。

 
虫歯で痛みを感じるくらいであればもう初期の虫歯ではありません。神経近くまで虫歯の感染が広がっていると考えた方がいいでしょう。それなのに放っておいて痛みが治まったというのであれば、虫歯の進行が進み歯の神経が死んで痛みを感じなくなったのです。これは治ったのではありません。この場合死んだ神経を除去し根管の治療をしなければどんどん感染は広がっていきます。
 
この状態を放っておくと、感染が根の先まで広がり膿の袋を作ります。膿が溜まってくると激しい痛みがでます。以前よりももっと強い痛みです。とくに疲れたり体調を崩したり抵抗力が弱くなった時に現れます。虫歯は細菌による感染症なので早めに適切な処置を行わなければ広がる一方です。その範囲が口腔内におさまらず全身に回ってしまうと合併症を誘発し、脳梗塞や心筋梗塞など死に至るケースもあるのです。
 
痛みがなくなったからといって安心してはいけません。一日でも早く治療をして虫歯の進行をとめなくてはいけないのです。早く治療すれば保てる歯も長く放って置いたせいで持たせられないという残念なこともあります。治療期間も長くがかかります。放って置いてもいい事は一つもありません。お早めに治療の予約をして下さい。