なぜ妊娠中に歯科検診することが推奨されているのでしょうか?

2018.09.12

 

A.妊娠中は、食生活の変化も著しいため虫歯になりやすく、ホルモンバランスが崩れ歯肉に炎症をきたすリスクが高まりやすい時期なので、歯科検診を推奨しています。

 
妊娠中は、つわりなどの影響から食生活の変化も著しく、また歯ブラシを口の中に入れるだけでも、抵抗がある妊婦さんも多く、口の中を十分に清掃できないために、虫歯になりやすい環境となってしまいがちです。
 
またホルモンバランスが崩れやすく、妊娠性歯肉炎になる可能性が高まります。主にエストロゲンと呼ばれるホルモンが、歯周病菌であるプレボテラ・インターメディアという歯周病菌を増殖するように作用させ、歯肉に影響を及ぼします。
 
特に妊娠中期から後期にかけて、妊娠中の女性が歯周病に罹患している場合は、全身に影響を及ぼしかねず、ポルフィロモナス・ジンジバリスという歯周病菌が歯肉から体内に侵入すると、子宮内の免疫細胞に反応して子宮を収縮させてしまうホルモンが作用し、急激に増え低体重児早産を引き起こしかねません。そうならないためにも、妊娠前はもちろんのこと、妊娠中にも歯科医院で検診を受け、歯肉炎や歯周病虫歯を予防しましょう。

次のページへ