生えてきた歯の色が白濁(または黄色)していますが大丈夫ですか?

2018.12.26

  

A.歯が白濁している場合をホワイトスポット呼び、生えてきた時点で歯が白い場合は「エナメル質形成不全」である場合があります。

 
歯が形成される段階でなんらかの原因によりエナメル質の形成に影響を及ぼし、エナメル質が完全に形成されず、そのまま生えてしまった場合、その部分が他の歯より白濁しています。
 
エナメル質が完全に形成されていない場合、エナメル質の下の層にある、象牙質が透けて見える場合があり、象牙質はクリーム色をしているために、歯が黄色く見える場合もあります。エナメル質形成不全の場合は、人体の組織の中で一番硬いとされる歯の表面組織である、エナメル質が歯の守る役目も果たしていますが、エナメル質が完全に形成されていないために、虫歯になるリスクが高まってしまいます。正しい歯磨き方法、虫歯菌のエネルギーとなる甘い食べ物、飲み物の摂取量に気を付け、虫歯予防としてフッ素塗布などをおこない、虫歯予防をおこないます。歯が大きく欠損している、または歯質がもろく今の状態を維持できないと判断される場合は、治療が必要となります。また、遺伝性のエナメル質形成不全の場合は、乳歯および永久歯のすべての歯がエナメル質形成不全となってしまう極めてまれなケースも報告されています。


 

歯のしくみについて