乳歯の神経をとって、永久歯に影響はありませんか?

2019.01.30

  

A.乳歯の神経をとってもしっかりと処置をおこなえば、永久歯には影響はありません。

 
乳歯の神経をなんらかの理由により、取らなければならなくなった場合にも、その後に生えてくる永久歯にもしっかりと神経が存在し、乳歯と永久歯は独立した個々の歯と考えてください。
しかし、神経をとらなければいけないほどに進行してしまった虫歯を放置してはなりません。なぜならば、そのまま虫歯を放置してしまうと、乳歯の歯の根っこの先端に膿が溜まり、乳歯の下に眠る永久歯のエナメル質が正常に形成されなくなる場合もあり、変色や凹凸が深い永久歯が生えてくる場合もあります。
 
その他の影響としては、顎が十分に発達しない可能性があります。虫歯になると甘いものや冷たいもので歯がしみるようになります。そうなってしまうと、虫歯ではない歯で食べ物を咬むようになり、顎の発達、噛む力の発育の妨げとなってしまいます。
 
乳歯が虫歯になり神経をとらなければならなくなると、その乳歯は早期に抜けてしまう場合があります。そうなった場合には、抜けてしまった歯のスペースの両隣の歯が傾いてしまい、近い将来生えてくる永久歯のスペースがなくなってしまい、結果的に歯並びが乱れた状態となってしまう可能性もあり、しっかりと治療を受ける必要があります。


 

歯のしくみについて