6歳臼歯とはなんですか?

2018.06.27

 

A.6歳くらいに一番最初にはえてくる大人の歯です。乳歯が抜けて生えてくるのではなく乳臼歯の更に奥の部分から出てきます。

 
6歳臼歯は一番最初に生えてくる大人の歯で、生え変わることなく大人になってもずっと使います。噛む力が一番強くかかりかみ合わせに大きな役割を果たします。これから生えてくる永久歯たちが正常に並ぶために中心となる歯でもあります。
 
しかし一番虫歯の罹患率が多いです。6歳臼歯は一番奥の乳臼歯の後ろから顔をだし始めます。はえ始めは乳歯よりも背が低いため歯ブラシが届きにくいのです。
 
また、生え始めの時期はエナメル質が柔らかく酸にとても弱いです。臼歯の中でも一番大きな6歳臼歯は、咬合面の裂溝が深くて複雑なためその溝に汚れが溜まり虫歯になりやすくなります。
 
お口の中で最も重要な役割を果たす6歳臼歯を虫歯にしないためにしっかりケアをしましょう。まだお子様だけではきれいに磨ききれないので仕上げ磨きを徹底して下さい。
 
6歳臼歯が生え始めた頃、歯科医院での検診をおすすめします。


 

その他