Q.歯周病って何ですか?

2018.07.04

 

A.歯を支えている歯周組織に炎症が起こることです。ひどくなると腫れて膿がでたり、歯がグラグラして咬めなくなったりします。

 
歯周病は、歯周病菌が歯を支えている歯周組織に侵入し炎症を起こします。進行すると歯を支えている骨がとけ最終的には歯が抜け落ちます。ここまでに至る過程で、固いものが噛めなくなったり、歯ぐきが腫れて膿が出たりと相当苦しい症状が繰り返されます。虫歯は治療をすれば除去して金属を被せるなどの機能再生ができますが、歯周病は一度破壊された組織を再生することができないため恐ろしいのです。

歯周病の原因はプラークです。毎日歯磨きをしていてもきちんと汚れが落とせていなければ歯周病は進行していきます。歯周病の初期段階では大きな自覚症状がないため症状が現れた頃にはだいぶ進行していることが多いです。歯ぐきが赤く腫れたり出血したりする歯肉炎は歯周病の初期段階です。この時にきちんとケアをしていれば歯周病が進行することはありません。
 
プラークを放置すると歯石になります。歯石は歯ブラシで除去することができず細菌の塊がお口の中に常に存在することになります。歯石の表面にはプラークが付着しやすくなり歯周病を悪化させる環境を作ってしまいます。歯石は定期的に歯科医院で除去してもらいましょう。
 
歯周病で増殖した歯周病菌が原因で糖尿病や心筋梗塞などの合併症を引き起こすこともあります。生活習慣病の一つである歯周病は、本当に厄介で恐ろしい病気ですが、他の病気と違う所は自分の管理次第で予防できるという事です。まずは信頼できる歯科医院でご自身の口腔環境をチェックしてもらって下さい。ご自身にあった管理方法を教えてもらい歯周病に苦しまない生活を送りましょう。
 

次のページへ