予防歯科


予防歯科|青葉台の歯医者なら歯科さくらクリニック

歯石や歯の表面にこびりついた黒い汚れ(ステイン)これらを除去する治療です。
歯石は、歯と歯ぐきの境目に付きやすく、黒い着色は歯の表面に蓄積します。この黒い着色はコーヒーやお茶を多く飲む方、喫煙をされる方によく見られます。
放置すると 見た目に悪いだけでなく、虫歯や歯周病、そして口臭の原因になることもあります。治療内容として、歯は削らずに専用の器械を用いて綺麗に取り除き、超音波水流で洗い流します。
初期の虫歯はフッ素塗布を推奨しています。また、日々のブラッシング、生活習慣の改善が予防には不可欠です。必要な方や希望される方には説明させていただきます。
 

ブラッシング方法

<バス法>

・歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきのさかい目に向けて45°の角度にあてます
 

・下の歯の裏側は歯ブラシのかかと部分を使って書き出すようにブラッシングしましょう。
 

・軽い力で1歯10回づつ小きざみに動かします。
・歯をみがき始める順番をきちんと決めて、一筆書きのように順序よく歯ブラシを動かして
 
毎日続けていくことが大切です。
はじめは歯磨き粉をつけずに磨いてください。つけてしまうと口の中がブクブクになるために、磨いた気になりすぐやめてしまいます。
ある程度磨けたら歯磨き粉を使ってください。フロス、歯間ブラシも併用するとより効果的です。
 
朝昼夜と行うことがベストですが、忙しい中毎食行うことは難しいです。その場合は夜だけでも行ってください。寝ている間は唾液の量が少なく、一番細菌が繁殖しやすいです。