小児歯科




私たちと一緒にお子さまの歯を守りましょう

 

当院では、乳幼児期からの予防歯科に取り組んでいます。
ご家庭での習癖、生活環境をお伺いした上で適切な予防処置を行わせていただきます。
将来の歯ならびなどに不安をお持ちの保護者の皆様と共に、乳歯時期からの健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。
 
 

 

 

無理やり治療はしません

当院では、お子様を強制的に押さえつけた治療はいたしません。
低年齢のお子様は痛みがあるないに関わらず、大人に押さえつけられ無理やり治療してしますと、ショックを引き起こしたり、大げさではなく、命の危険があると考えているためです。当院はお子さんにとっても通いやすく、負担の少ない医院作りをしていますので、まずは、歯医者さんに慣れてもらうためにちょっと顔を出すくらいのお気持ちで、ぜひお気軽にお越しいただければと思っております。

 

治療を防ぐには予防が大事です

治療を防ぐためには、予防が大切です。食生活、歯磨き指導、定期的なフッ素塗布を推奨しています。
 

フッ素塗布

フッ素は、歯の質を強くするための成分で、実際に定期的に歯にフッ素を塗っている子は、歯の質が改善されて汚れが付きにくくなっています。また、乳歯の奥歯の溝は深いため、虫歯になりやすい傾向にあります。

 
定期健診

4〜6ヶ月に一度定期検診をご案内いたします。
(定期検診の間隔はお子さんのお口の状態で変わります。)

 


 
 

虫歯をつくらないために気を付けていただきたいこと

 

だらだら食べ・だらだら飲みをしない

だらだら食べるお菓子
同じ量のお菓子でも、一度にまとめて食べてしまうのとだらだらと時間をかけて食べるのでは、時間をかけた方が遥かに虫歯になるリスクが高いのです。お口の中は、食べ物や飲み物が入ることで酸性になります。そうすると歯が溶けやすくなり虫歯ができやすい状態になるのです。その後30分程度で元の状態に戻るのですが、だらだらと時間をかけて食事をしてしまうと、お口の中がずっと酸性状態になってしまいます。しっかりと時間を決めて食べること、飲むことを心がけてください。

 

毎日の歯磨きをしっかりと

毎日の歯磨きをしっかりと
お子さんが一人できちんと歯磨きができるようになるまでは、親御さんの後磨きが非常に大切になります。その際、ただ闇雲に磨くだけでは意味がありません。しっかりと磨けているか、よく歯を見ながらブラッシングしてあげてください。また、お子さんを仰向けに寝かせて頭を固定した状態で磨くことで、安定した体制できちんと磨くことができます。当院では、正しいブラッシング方法の指導も行っておりますので、お気軽にお問合せください。

 

定期健診をお受けください

虫歯がなくても、定期的に歯科医院に通いメンテナンスをお受けいただくことをおすすめいたします。フッ素は歯の質が強くなり虫歯になりにくい歯をつくってくれたりと、メンテナンスを行うことで長期的に虫歯になりにくい歯を手に入れることができるのです。定期的なメンテナンスと毎日の歯磨きで虫歯予防を行いましょう。

小さなお子さまをお持ちの親御さまへ

 

親御さまへ|青葉台の歯医者なら歯科さくらクリニック
当院は、院長・スタッフ含め子育て世代です。お子さま連れの親御さんにも安心して診療出来るように配慮しております。ご予約時にお子さまと来院されることを伝えてもらえれば、診療中にスタッフが抱っこしておくことや、お子さまと離れたくない場合は膝の上で抱っこしながら一緒に診療することも出来ます。

詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

おもちゃのカゴ|青葉台の歯医者なら歯科さくらクリニック

おもちゃのカゴ
治療をがんばったお子さんにプレゼント♪
※院長が買い付けに行ってます☆
横浜市妊婦歯科検診実施医療機関|青葉台の歯医者なら歯科さくらクリニック

妊婦歯科検診実施医療機関
当院は、横浜市妊婦歯科検診実施医療機関となります。 横浜市内に住民登録がある妊婦さんは、妊娠期間中に1回無料で健診を受けることができます。 ご予約の上受診券をお持ちになりご来院ください。