ホワイトニング


ホワイトニング治療|青葉台の歯医者なら歯科さくらクリニック

漂白作用で歯の色を白くする治療方法です。
クリーニングはしたいけれども、もともとの歯の色が黄ばんでいる、褐色などの場合はホワイトニングをお勧めします。
昔は歯の色が悪いときは削ってかぶせるなどの方法が採られましたが、 虫歯でもない歯を削るのに非常に抵抗がありました。
今では歯の表面に薬剤を塗ることにより、漂白作用で歯の色を白くする方法が開発されました。
 
ホワイトニングは薬剤を使って歯の着色汚れなどを漂白するため、使用のリスクが伴います。
当院で扱っている薬剤は、低濃度で口腔環境に安全なものですが、まずはそのことについて詳しくご説明をしたのちに行います。
 

ホワイトニングができない場合もあります。

 
ホワイトニングを控えた方が良いケースは下記のとおりです。

・知覚過敏、虫歯、歯周病、ヒビのある歯
・14歳以下の方
・妊娠や授乳中の期間
・無カタラーゼ症
・光過敏症

ホワイトニング剤は、基本的には安全ですが、それは、あくまで歯の健康状態が良く、ホワイトニングができる条件をクリアしている方のみです。