義歯治療


義歯治療|青葉台の歯医者なら歯科さくらクリニック

入れ歯というのは、歯が失われた部分に歯茎と歯が繋ぎ合わさった作り物を入れ、咬み合わせや、審美を回復させる為に使います。
一般的には「クラスプ」と呼ばれる留め金と、人工の歯、歯肉と同じ赤い色をした部分で作られています。
上下の顎は別々と考え、顎に自分の歯がまったくない場合に使われるのが「総入れ歯」といい、 1本でも歯が残っているとその入れ歯は「部分入れ歯」と呼びます。
 
 

留め金具が見えないノンクラスプデンチャーを取り扱っています。

 
当院では目立たない入れ歯として「金属のバネがない」ノンクラスプデンチャーというものをご用意しています。
ノンクラスプデンチャーは金属部分がないだけでなく特殊な樹脂でできています。この樹脂は、高い耐久性をもちながら、ガラスと比較されるほどの透明感を兼ね備えてるため、機能性が高いだけでなく、見た目にも美しい入れ歯です。

ノンクラスプデンチャーはこのような方に最適です

  • 保険義歯(入れ歯)の金属部分が目立つことや、唇や舌への違和感が気になる方
  • 欠損している部位の左右の健康な歯を削る、差し歯のブリッジや従来の入れ歯が嫌な方
  • インプラントによる修復が困難な方・費用を抑えたい(手術が怖い、十分な骨量がない、金額をもっと抑えたいなど)
  • 金属アレルギーの方

 
 

>入れ歯(義歯)についてブログでもご紹介しています