歯科用炭酸ガスレーザー


レーザー治療

CO2レーザー

Co2炭酸ガスレーザーは主に粘膜疾患(口内炎や歯肉の腫れなど)や顎関節症、メラニンで黒くなった歯茎の蒸散、抜歯後の傷口の止血や保護などに使用します。メスを使って切除する治療と比べ、出血も少なく、短時間で施術を完了します。