レーザー治療について

レーザー歯科治療は、患者様にやさしい最新の治療方法です。
従来の治療方法に比べて痛みや不快感が少なく、治癒が早いなど多くのメリットがあります。

当院では最新のエルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)を使用しています。

Er:YAGレーザーは、虫歯や歯周病、根管治療、口内炎、知覚過敏などの治療や、歯肉のメラニン色素除去や軟組織の切開などに使用できます。

レーザー治療の効果

○安全性が高い

レーザー治療は、妊娠中の方や高血圧、心臓病(ペースメーカー)の方でも安心して受けられる治療法です。さらに、Er:YAGレーザーは、生体組織の表面の水分に反応するため、他のレーザーのような透過光による組織深部への影響が少なく、安全性の高いレーザーです。

○痛みが非常に少なく、ほとんどの方に麻酔の必要がありません

Er:YAGレーザーは、組織の表面のみに作用するため発熱が少なく、痛みが非常に少ないレーザーです。ほとんどの方が麻酔をする必要性がなく、無麻酔または塗るタイプの麻酔で治療が可能です。

○殺菌効果があり、治癒が早い

レーザーの熱作用により、虫歯菌や歯周病菌を殺菌することができるため、虫歯や歯周病、歯の根の治療に効果があります。また、Er:YAGレーザーは、他の歯科用レーザーより周囲への熱の作用が極めて少ないため、歯肉を切開した後も傷が早くきれいに治ります。

○口内炎や知覚過敏の痛みを除去できる

口内炎や知覚過敏は、通常数回のレーザー治療で痛みを取り除くことができます。

○顎関節症の症状を軽減できます

口を大きく開けると痛い、口を大きく開けられないといった症状は、アゴの関節に原因があります。レーザーをアゴの関節に照射する事により、アゴの痛みなどの症状を軽減する事が出来ます。
(症状が重度の場合は専門の提携病院と連携し御紹介をさせて頂く場合もございます。)

 

レーザー治療の特徴

虫歯の治療

レーザー歯科治療は、最先端の治療技術です。いままでムシ歯の治療は、エアタービンで骨を削って治していました。レーザー治療はムシ歯の黒く蝕まれた湿った部分に照射すると、それらの部分だけに反応して瞬時に焼き飛ばします。しかし、ムシ歯以外の部分へのダメージはありません。

歯肉炎・歯周病の治療

歯周病は歯ぐきから血が出たり、口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。そのような場合、レーザーを当てることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。また、歯牙の動揺を軽減でき、歯牙の延命につながります。歯ぐきが腫れている場合でも消炎効果と治癒能力を高めることができます。

口内炎(アフタ)の治療

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも有効です。また、口内炎は接触痛があり、食事をする時などはつらいものです。炎症部分にレーザーを照射するだけで、接触痛は瞬時に軽減します。

メラニン色素沈着の治療

メラニン色素により黒ずんだ歯肉にレーザーを照射するとメラニン色素が蒸散されて、数回で黒かった歯肉がきれいな正常色の歯肉に生まれ変わります。比較的短期間で効果が現れる上、痛みもありません。