その他

銀歯がとれたらどうしたらいいですか?銀歯は再利用できる?

A.銀歯がとれたら、まずは銀歯を持ってご来院ください。

歯や銀歯の状態によっては、銀歯をそのまま再利用できるケースもあります。

\ 当院では一人ひとりのお口の状態に合わせた、予防治療を行っております。お気軽にご相談ください! /



「やさしく、ていねいに」をモットーにした治療  「できるだけ歯を削らず、できるだけ歯を抜かない」治療

歯科さくらクリニック
住所〒227-0061神奈川県横浜市青葉区桜台 29-1-1F
電話予約はこちら
045-988-6030
ご予約・お問い合わせ

突然銀歯がとれてしまって、「外れた銀歯は使える?」「痛みはないけどそのままでもいい?」など、どうしたらいいのかと戸惑っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、銀歯がとれたときの対処法や、そのまま放置するリスクなどについて詳しくご紹介していきます。

銀歯がとれてしまってどうすればいいのか困っているという方は、ぜひ本記事をご一読ください。

銀歯がとれたらどうすればいいですか?

銀歯が突然とれてしまったら、とりあえず「歯医者に行かなきゃ」とは思うものの、外れた銀歯は持っていくべきなのかなど、その対処法に迷ってしまいますよね。

まずは、銀歯がとれてしまったときにどうすればいいのかについてご説明していきます。

まずは銀歯を捨てずにご持参ください!問題なければ再利用も◎

むし歯治療をしてかぶせた銀歯は、銀歯と歯の間に再度むし歯ができたり、年月の経過によって銀歯の接着剤(セメント)が劣化したり、歯ぎしりや食いしばりなどで銀歯に強い力がかかったりすると、外れてしまうことがあります。

外れた銀歯や歯の状態にもよりますが、どちらにも問題がない場合は、そのままとれてしまった銀歯を再利用できることもあります。

そのため、まずは銀歯を捨てずにそのままご持参ください。

銀歯をお持ちいただくときの注意点としては、ティッシュに包んで保管しているとゴミと間違って捨ててしまったり、誤って踏んでしまって銀歯の一部が欠けたりする可能性もあるため、小さめの容器やポリ袋などに入れて保管してご持参いただくと安心です。

歯や銀歯の状態によっては再治療が必要

銀歯がとれた原因が、

  • 銀歯と歯との間にむし歯ができた
  • 銀歯が変形・破損している

などが原因の場合、むし歯があれば虫歯治療を行い、新しい被せ物をつくる必要があります。

被せ物の種類には、

  • 保険治療:金属、プラスチック前装冠(前歯)、CAD/CAM冠(ハイブリットセラミック)など
  • 自費治療:セラミック、ジルコニアなど

などがあり、歯の状態等に応じておすすめの被せ物をご提案いたしますが、患者様のご希望に応じて選択可能です。

被せ物の種類については、こちらをご覧ください。

当院では、CAD/CAM冠を取り扱っており、銀歯がとれた歯の箇所や歯の状態によっては、保険治療で白い被せ物を入れることも可能です。

詳しくは、当院までお気軽にお問い合わせください。

【ご注意ください】銀歯や被せ物をとれたまま放っておくと…

忙しかったり、痛みがないから歯医者に行くのが面倒だなと思ったり…

このような理由から、「銀歯がとれてからしばらくそのまま放っておいてしまった」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、銀歯や被せ物をとれたまま放置すると、再利用したい銀歯が合わなくなってしまったり、むき出しになった歯が欠けたり虫歯になりやすくなったりなどのリスクもあるため、銀歯がとれたらなるべく早く歯科医院でみてもらうようにすることをおすすめいたします。

最後に

もし銀歯がとれてしまったら、歯のためにもなるべく早めにご来院ください。

とくに銀歯を再利用したい場合は、放置すると銀歯が合わなくなってしまうため、お早めにご相談ください。

当院では、外れた銀歯を再利用できなかった場合でも、保険・自費のさまざまな被せ物を取り扱っているため、患者様のご希望に合わせた新しい被せ物をつくることも可能です。

保険適用で白い歯を入れられるCAD/CAM冠の取り扱いもあるため、気になる方はぜひ歯科さくらクリニックへお気軽にご相談ください。

\ 歯やお口のことでお悩みがあれば、ぜひお気軽に「歯科さくらクリニック」へご相談ください! /



「やさしく、ていねいに」をモットーにした治療  「できるだけ歯を削らず、できるだけ歯を抜かない」治療

歯科さくらクリニック
住所〒227-0061神奈川県横浜市青葉区桜台 29-1-1F
電話予約はこちら
045-988-6030
ご予約・お問い合わせ

関連記事