定期検診

歯医者は、虫歯がなければ行かなくてもいい?

歯科医院へは、虫歯でなくても定期的に受診するべきです。

 
虫歯は痛みがなく進行していき、痛みが出て、気付いた時には神経を取らなくてはいけなかったり、最悪の場合抜歯になってしまったりすることがあります。 
 
でもやっぱり虫歯ではないのに歯科医院へいくことはあまりしたくないですよね。みなさんと同じように多くの方が、できれば歯科医院へいきたくない、痛くなってからでいいやと感じでいます。 
 
そこで今回は、「歯医者は、虫歯がなければ行かなくてもいい?」というテーマでお話していきたいと思います。これを読んだあなたは、歯科医院へ、なぜ定期的に行かなくてはいけないのか理解することができ、あなたの健康な歯を生涯守っていくことができるでしょう。ぜひご一読ください。
 
◆定期的に歯科医院へ行かない場合に起こること
●虫歯が進行する
虫歯は、表面が少し黒くなっていたり、ザラザラしたりする程度では痛みがないため、ほとんどの人が自分で気づかないか、もしくは気づいても痛みがないため歯科医院へは行かずに、そのままにしておく方がほとんどだと思います。そのため、その虫歯は気づかないうちに少しずつ大きくなっていき、神経をとらなくてはいけないほど重度な虫歯に進行してしまうのです。
 
また、歯と歯の間や被せ物の中などの虫歯は自分では見えづらく、なかなか気づくことができなかったり、レントゲンを撮らないとわからない虫歯だったりする場合にも、気づかないうちに進行していってしまたりするケースがあります。
 
しかし定期的に歯科医院へ検診に行っている方の場合には、「気づかないうちに進行している」なんていうことはなく、虫歯は小さなうちに、歯周病は軽度のうちに治療をすることができるのです。
 
●歯周病が進行する
歯周病は痛みがほとんどなく、気づかないうちに進行してしまう恐ろしい細菌感染の病気です。痛みはありませんが、出血や違和感、口臭、動揺などの歯周病のサインは必ずでています。しかしそこに気づくことなく、そのままの状態で過ごしてしまうと、ある日突然歯が抜けてしまったなんていう恐ろしい状況にもなりかねないのです。
 
歯周病は、歯が健康でも、歯を支えている周りの骨が病気になってしまうため、実際に目では見えづらく、気づかない方も多いです。そのため、歯科医院へ行き歯周病と診断されて、「まさか自分が歯周病なんて」と驚く方も少なくないのです。 
 
●治療した箇所に不具合起きる
歯科医院で治療した詰め物や被せ物は永久的に最初の状態を保てる訳ではありません。日々のセルフメンテナンスや、歯科医院でのメンテナンスによって詰め物をした時の状態や被せ物をした時の状態を維持することができます。
 
歯科医院でのメンテナンスを怠っていると、気づかないうちに治療した箇所が欠けてたり、ヒビが入っていたりします。また被せ物の中がひどい虫歯になっていたり、被せ物が合わなくなっていたりもします。
 
●治療期間や費用の負担が増える
定期的歯科医院へ行かないことで、虫歯や歯周病が悪化して、歯科医院へいく回数や費用の負担が増えます。歯科医院へ定期的に行っている方が、万が一虫歯や歯周病でも、初期のうちに発見することができ、1回の治療で終わらせられることが多いです。回数も少なく、費用も少なく済ませることができるなら後者の方がいいですよね。
 
そのため定期的に歯科医院へ行き、クリーニングや虫歯のチェックをすることはとても大切なことなのです。
 
◆定期検診は未来への投資
歯科医院への定期検診は、およそ3ヶ月〜6ヶ月ごとに行うのが大体の目安です。汚れがつきやすい方は短い期間(3ヶ月)で歯科医院へ検診へ行ったほうが、虫歯や歯周病のリスクを下げることができます。また、セルフメンテナンスが上手にでき、汚れがつきにくい方は長い期間(6ヶ月)での検診でも問題はないです。
 
歯科医院で定期的なメンテナンスをしている人と、痛くなった時や不具合が出た時だけ受診する人では、80才の時の残りの歯の本数が平均8.9本もの差が出てしまうというデータがあります。
 
また、人生で一番後悔をしたことは?という質問で一番多かった答えが、「歯を失ったこと」だったのです。
 
さらに定期的に歯科医院へ検診へいくことで、虫歯や歯周病を早期に発見することができます。そのため、治療にかかる回数や費用を最小限に抑えることができます。逆に痛くなってからの場合には、治療にかかる回数や費用も増え、最悪の場合には、抜歯という選択肢もでてきてしまいます。
 
歯科医院へ定期検診へ行くことは、未来の自分の歯への投資だと思って、定期的に受診するようにしましょう。絶対に自分の健康な歯に勝るものはありません。将来歯を失って後悔しないために、ご自身の健康な歯をずっと残していくための選択をして、幸せな人生を送っていきましょう。

関連記事