横浜市青葉区青葉台駅北口より徒歩10分の歯科・歯医者

その他

ドライマウスの原因は何ですか?

A.ドライマウスの原因には、いくつかの原因が考えられます。

たとえば、加齢やストレスによるものや、薬の副作用なども原因のひとつとして考えられます。

\ 当院では一人ひとりのお口の状態に合わせた、予防治療を行っております。お気軽にご相談ください! /



「やさしく、ていねいに」をモットーにした治療  「できるだけ歯を削らず、できるだけ歯を抜かない」治療

歯科さくらクリニック
住所〒227-0061神奈川県横浜市青葉区桜台 29-1-1F
電話予約はこちら
045-988-6030
ご予約・お問い合わせ

さまざまな理由で口の中が乾燥してしまうドライマウスは、口腔乾燥症とも呼ばれています。

お口の乾燥は口臭を引き起こすだけでなく、むし歯や歯周病などにもつながるため、注意が必要です。

今回は、このドライマウスの原因についてご紹介していきます。口の乾燥が気になる方は、ぜひ本記事をご一読ください。

ドライマウスとは

ドライマウスは口腔乾燥症とも呼ばれ、さまざまな原因で唾液の分泌が減少し、口の中が乾燥してしまう状態を指します。特に50代以上の女性に多く見られる症状です。

一般的に唾液は1日約1.5L分泌され、口内を潤す役割を果たしています。しかし、ドライマウスになると唾液の分泌が慢性的に低下し、下記のような症状が現れます。

<ドライマウスの主な症状>

  • 口の中や喉がよく乾く
  • 口の中がネバつく
  • 会話や食事がしづらい
  • 口臭が気になる
  • 口の中がヒリヒリする
  • 水分が少ない食べ物が飲み込みにくい
  • 口内炎ができやすい
  • 口の中に傷ができやすい
  • 夜中に口が乾燥する
  • 歯周病や虫歯の悪化
  • 食事がおいしく感じられない など

ドライマウスの主な原因

ドライマウスは50代以上の方に多く見られますが、加齢以外にも様々な要因によって引き起こされるリスクがあります。

そのため、若い世代の方でもドライマウスになる可能性があります。

①加齢

噛むことによって唾液の分泌が促進されますが、年齢を重ねるとお口のトラブルによって歯を失う方も多く、かみ合わせに不具合が生じることがあります。これにより噛む力が低下すると、結果として唾液の分泌量が減少してしまいます。

さらに、女性の場合は更年期に入ると女性ホルモンが減少し、唾液の分泌量の減少が起こりやすくなります。

②口呼吸

口呼吸は口内の乾燥を引き起こし、ドライマウスになりやすい要因のひとつです。

歯並びの問題によって口を閉じられなかったり、鼻炎やアレルギー性鼻炎などにって鼻呼吸が難しく口呼吸をしたりしているなど、常に口が開いた状態になるとドライマウスのリスクが高まります。

③ストレスや緊張

ストレスや緊張を感じると、自律神経の作用によって唾液の分泌が抑えられるため、ストレスを感じやすい人や緊張しやすい人はドライマウスになりやすい傾向があります。

④やわらかい食べ物を食べることが多い

唾液の分泌は、「噛むこと」によって唾液腺が刺激されて増加します。

しかし、やわらかい食べ物を主に食べていたり、あまり噛まずに早食いなどをしたりしていると、唾液の分泌が減少しやすくなります。

現代の食文化では、ファーストフードやラーメン、カレーライス、パスタなど、噛む回数が少なくてもすぐに食べられる食品が増えています。

これらのやわらかい食事は、食べやすく便利であるものの、唾液の分泌量が減少する原因になります。

⑤薬の副作用によるもの

薬の副作用によって、唾液の分泌量が減少することがあります。

たとえば、花粉症の薬や、睡眠薬、抗不安薬などには唾液分泌を抑える成分が含まれており、これが原因でお口の乾燥を引き起こす可能性があります。

➅糖尿病・腎臓病などの病気

ドライマウスは単に口内が乾燥する症状だけでなく、病気の初期兆候として現れることがあります。たとえば、糖尿病や腎臓病の初期段階では、口の渇きが生じることがあります。

糖尿病では血糖コントロールが乱れて高血糖になり、体内が脱水状態に陥るため口が渇きます。また、腎臓が悪くなると分泌腺の機能が低下し、唾液が出にくくなります。

⑦シェーグレン症候群

シェーグレン症候群は、涙や唾液を作る臓器に炎症を起こす自己免疫疾患のひとつです。

主に40~60歳の女性に発症しやすく、身体のさまざまな粘膜で炎症が生じることで乾燥しやすくなり、これがドライマウスの原因となります。

最後に

ドライマウスは加齢だけでなく、さまざまな原因によって引き起こされる病気です。生活習慣やストレスなども原因のひとつになることから、高齢者に限らず若年層でも発症する可能性があります。

口内が乾燥すると、口臭や歯周病・虫歯の悪化、食事がしにくいなどのトラブルが起こる可能性があります。

そのため、ドライマウスが気になっているという方は、まずは一度歯科さくらクリニックにご相談ください。

\ 歯やお口のことでお悩みがあれば、ぜひお気軽に「歯科さくらクリニック」へご相談ください! /



「やさしく、ていねいに」をモットーにした治療  「できるだけ歯を削らず、できるだけ歯を抜かない」治療

歯科さくらクリニック
住所〒227-0061神奈川県横浜市青葉区桜台 29-1-1F
電話予約はこちら
045-988-6030
ご予約・お問い合わせ

関連記事